改正後の相続税シミュレーション

このシミュレーションは2015年(平成27年)の基礎控除額が引き下げになった相続税制改正後の法律に基づいて作成しています。

今回の改正により相続税申告の対象者が増加しております!(地域によっては2倍以上の方が対象になっております。)

相続税の総額は、法定相続人が法定相続分通りに遺産を分割したものとして算出した各人の相続税を合計して求めます。

その相続税の総額の内、実際に財産を取得した割合に応じて各相続人が負担することになります。
(各人の相続税)

※按分割合=各相続人が取得した財産の課税価格/課税価格の合計額

kakuteisinnkoku.jpg

相続税の計算

STEP1:課税価格の合計額の算出

STEP2:課税遺産総額の算出 ※課税価格の合計額から基礎控除額控除

STEP3:相続税の総額の計算

①課税遺産総額を法定相続分に応じて按分します
②按分したそれぞれの金額に税率を掛けて、税額を計算します
③計算したそれぞれの税額を合計した金額が相続税の総額となります

STEP4:各人の納付すべき相続税額の計算

①相続税の総額を課税価格の合計額に占める各人の課税価格の割合で按分します
(一定の要件に該当すると2割が加算されます)
②按分した税額から、各種の税額控除の額を差し引きます

相続税の計算式

平成26年までの相続の基礎控除額

5,000万円 + 1,000万円 × 法定相続人の数

平成27年以降の相続の基礎控除額

3,000万円 + 600万円 × 法定相続人の数

相続税の計算の留意事項

1.相続税の基礎控除は、3000万円+600万円×法定相続人の数となっています。
(例、法定相続人の数が5人なら6000万円)

2.法定相続人とは、相続の放棄があった場合、その放棄が無かったものとした相続人を言います。

3.相続人の中に養子がいる場合、法定相続人の数に含めることができる養子の人数は、
実子がいる時で1人まで、実子がいない時でも2人までとなります。

4.遺産の総額には、相続時精算課税制度による贈与財産の価額を加える必要があります。

相続税速算表

法定相続人の取得金額 税率 控除額
1,000万円以下 10%
1,000万円超 3,000万円以下 15% 50万円
3,000万円超 5,000万円以下 20% 200万円
5,000万円超 1億円以下 30% 700万円
1億円超 2億円以下 40% 1,700万円
2億円超 3億円以下 45% 2,700万円
3億円超 6億円以下 50% 4,200万円
6億円超 55% 7,200万円

相続税額の加算と控除

各相続人に下記の個別事情がある場合には、各々下記の加算・控除を行った金額が各人の納付すべき相続税額となります。

経験豊かな当事務所だからこそ、様々な控除を活用し、節税対策を行います!

贈与税額控除(暦年課税贈与税)

相続財産に加算された贈与財産に対する贈与税は、相続税額から控除されます。

配偶者に対する相続税額の軽減

配偶者は、法定相続分又は1億6,000万円以下の財産の取得であれば、相続税はかかりません。

未成年者控除

20才未満の法定相続人がいる場合は、相続税額から次の金額が控除されます。
10万円×(20歳-相続開始時の年齢)

障害者控除

障害者である法定相続人がいる場合は、相続税額から次の金額が控除されます。
10万円(特別障害者は20万円)×(85歳-相続開始時の年齢)

外国の財産に対する相続税額の控除

相続財産の中に外国の財産があり、その財産について、その国で相続税又は贈与税に相当する税が課せられたときは、相続税額から一定の金額が控除されます。

贈与税額控除(相続時精算課税贈与税)

相続時精算課税贈与税が課せられているときは、その税額は相続税額から控除されます。
また、相続税額から控除しきれない贈与税額があれば、その税額は還付されます。

「3分で終わる!」無料の相続税シミュレーション

相続税の課税対象となるのかどうか、まずは簡易シミュレーションで試算してみてください!
※便宜上、法定相続に従った場合を想定して計算しております。

>>コチラをクリックすると「3分で終わる!」無料で相続税シミュレーションができます
※出典:国税庁ホームページ<http://www.nta.go.jp/>

シミュレーション結果はいかがでしたでしょうか?

ただ、この「相続税シミュレーション」はあくまで目安であり、相続税が本当に発生するかどうかについて責任を負うものではありません。

そこで、当事務所では面談にお越しいただいた方に、より詳細なシミュレーションデータを作成させていただいております。

初回の相談は“完全無料”で承っており、相続税が発生するかどうかを確認するためだけにお越しいただく方も多く、
「相続税発生の有無を確認することができて安心した」
「今後の相続に対する対策を考えることができた時間だった」
など、ありがたいことにお越しいただいた方よりご好評いただいております。

早めに状況を確認しておくだけで、十分な対策を考えることができます。
ご自身だけで考えられるより、専門家も交えて相続について一緒に考えませんか?

ぜひ、まずはお気軽にお電話ください!

※便宜上、法定相続に従った場合を想定して計算しております。
※入力は「半角英数字」でご入力下さい。
※全部記入しなくてもシミュレーションはできます。

相続税シミュレーション

■相続税が発生するかどうか計算してみましょう。

1.相続財産の金額を入力してください

土地 万円
建物 万円
現金・貯金 万円
有価証券(株式・債券) 万円
その他資産 万円
借入金等 万円
葬式費用 万円
遺産総額は 万円になります。

2.法定相続人を入力して下さい。
①配偶者
②子供
子供の人数
子供がいない場合、両親が相続人となります。
③父母
父母の人数
(養父母含む)

両親がいない場合、兄弟が相続人となります。
④兄弟の人数
法定相続によれば相続人数の合計は 人です。
相続人が人だと、
控除額が万円になるので、
遺産総額が万円の今回は、
法定相続に従えば、相続税が発生しない可能性が高いですが、
評価方法によっては発生する可能性もありますので、詳しくはご相談下さい。
尚、相続手続も代行いたしますのでお問い合わせ下さい。
課税対象額は万円です。
例外です。
配偶者
相続額 万円
課税対象額 万円
税額 万円
※配偶者は、相続額が法定相続分の範囲内であれば相続税が免除されます。
子供
一人当たり相続額 万円
課税対象額 万円
一人当たり税額 万円
両親
一人当たり相続額 万円
課税対象額 万円
一人当たり税額 万円
兄弟
一人当たり相続額 万円
課税対象額 万円
一人当たり税額 万円
なお、今回のケースでは相続税が発生する可能性が高いですが、
相続財産の評価方法や相続税の特例によっては相続税が少なくなる場合もあります。

九州にお住まいの方はこちらもご覧下さい

simyure-syon0.png

・相続が発生した方で、上記の簡易シミュレーションで相続税がかかるという案内が出たかた

・相続が発生し、相続税がかかるか不安な方

・九州にお住まいor九州に実家がある方

上記に当てはまる方は、
一度、相続税専門の廣瀬税理士事務所にご相談ください。

専門家によるより詳細な試算データを無料で作成させていただきます。

実際の具体的な数値や、専門家として節税のアドバイスをいたします。

simulation.png

プラン料金(税別)  無料

本プランのサービス内容

① 相続税の試算~ライトプラン~
  ◆土地の評価
◆小規模宅地可否診断

相続税の概算の試算を行います。
固定資産の評価証明、もしくは、名寄帳(固定資産の一覧) をお持ちください。
相続税改正に適用した試算を提供させていただきますのでご安心ください。

おかげさまで、非常に多くの方にご好評いただいております。
緊急性の高い方を優先するためにも、こちらの無料シミュレーションは
「相続が発生した方限定」とさせていただいております。

                            >>お申し込みはこちら

参考に、当事務所で実際に使用しているシミュレーションシートを掲載いたします。

初回無料相談にも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

simyure-.png

サービスに関するご質問・お見積もりのご依頼は無料です。 お電話またはメールにてご連絡ください。 お問い合わせ 受付時間 平日9時~18時 0120-028-920 事前のご予約により、日曜も対応/ 初回相談無料 メールはこちら 24時間受付中