お尋ね

【相談内容】

当事務所には「税務署からお尋ねが届いた」という方からのご相談が多数ございます。

しかし、そんな時も心配しないでください。

 

【お尋ねとは】

お尋ねとは、税務署からの手紙です。

「相続についてのお尋ね」は、相続税のかかる方全員に送付されるわけではありません。

税務署側でおよそ把握しているデータを基に、相続税が申告が必要の可能性があるという方に税務行政のサービスとして送付しているものなのです。

 

【「お尋ね」が届く時期】

相続税の申告期限の2ヶ月から3ヶ月前に送られてくる事もありますが、申告期限を過ぎて送られてきた方もいらっしゃいます。また、この書類が到着しなければ、相続税を納めなくてよい訳でもありません。

 

個人の資産の状況を事細かくすべてを把握しているわけではないため、書類が送られない事もあるのです。この通知はあくまでもサービスの一環と考えたほうがよいため、申告に関しては自己管理する必要があるのです。

 

【当事務所のお尋ね後の対応】

相続税を支払わなくてよいと思っていても、この書類が届いた際には、早急に相続手続きに関する専門家へ相談をされ、申告の可否の判断、また申告の準備をしたほうが間違いなくスムーズです。

 

ここで、きちんとしたした申告をしておけば自宅に税務調査がやってくることはありません。

 

【最後に】

最近、ここ数ヶ月ニュースで脱税や申告漏れの話題が出てきていますね。それもまさにこの時期だったからなのです。税務調査の連絡が入ったときにはできれば相続の案件に詳しい専門家とともの準備をする事をおススメします。

 

お尋ねが場合でお困りの場合も、慌てずに、当事務所にご相談ください。

解決事例の最新記事

サービスに関するご質問・お見積もりのご依頼は無料です。 お電話またはメールにてご連絡ください。 お問い合わせ 受付時間 平日9時~18時 0120-028-920 事前のご予約により、日曜も対応/ 初回相談無料 メールはこちら 24時間受付中