• HOME
  • 相続の解決事例

金融資産が少ない相談事例

【相談内容】
 父が先日亡くなりました。相続人は母と私(長男)、姉二人(長女、次女)です。
 相続財産は不動産が主で、金融資産はほとんどありません。不動産は貸ビル及び貸家2棟です が、貸家は数年前に新築したもので、不動産収入の中から借入金を返済している状況です。
 姉達は、不動産よりも現金の相続を希望しているのですが、金融資産がほとんどない状態のため、なかなか分割協議がまとまりません。
 
【事務所からの提案内容】
 自宅につきましては、小規模宅地の特例を適用するためにお母様が相続される事をお勧めしました。
 また、二次相続に備えなるべく相続財産を減らしておくために、貸ビルを3人の子どもさんのどなたかが相続されるよう提案しました。
 貸家2棟につきましては、まだ多額の債務があり、当該不動産を相続することにより債務も引き継がなくてはならないリスクがあるため、仮に相続するのであれば、信託契約により相続することをご提案致しました。
 
【解決状態】
 相続人様の中で、結婚されている長女、次女様は不動産を信託で相続することよりも現金の相続を望まれましたが、金融資産が少ない今回の相続におきましては、希望される額の金融資産はございませんでした。
 そこで、今回の相続においては、金融資産は全て長女、次女様が相続し、希望の金額に満たない分につきまして、今後、お母様から相続時精算課税制度を選択して、希望に沿う金額まで生前贈与を約すことにより、分割協議がまとまりました。
 
【結果】
 金融資産が非常に少ない相続のなか、相続人様方の希望に沿う分割が難しかったが、相続時精算課税制度を含めて、希望に沿う提案をしたことにより、分割協議がまとまりました。